スポーツサイクル事業開始 台湾スポーツバイクブランド「ASTER」「DIZO」取扱開始

CYCLE SPOTRS PRESS RELEASE

この度、株式会社シックスコーポレーションは、スポーツサイクル事業を新たに事業展開することとなりました。
2020年に東京で開催されるオリンピックへの期待もあり、スポーツに対しての関心が高まりを見せている昨今の日本のマーケットにおいて、ロードバイクを中心としたスポーツバイクにも関心が集まっています。

そこでシックスコーポレーションでは、これまでのCREATIVE事業で培ってきた台湾での事業経験を生かし、最適なブランドの発掘を行ってきました。その結果、今年日本に初上陸する台湾のロードバイクブランドの「ASTER BIKES」「DIZO BIKE」を日本国内で代理店として取扱うこととなりました。

ASTER BIKES

ASTERは、スポーツバイクのメッカである台湾・台中で生まれたカーボンロードバイクブランドです。
1990年より世界のスポーツバイクブランドのOEM工場として、20年間のあいだロードバイクを共同開発、製造を行ってきしました。これまでのロードバイクの製造を行ってきた経験も下に、2008年から自社ブランド「ASTER」を立ち上げました。

DIZO BIKE

DIZOを生産しているAdvanced International Multitech Co., Ltd.(以下「AIM」)は、1987年以来、世界のスポーツバイクのトップブランドとともに、高品質のカーボンロードバイクを共同開発、製造してきました。30年近くロードバイクを製造してきた経験を下に、2016年にAIMは自社ブランドである「DIZO」を設立しました。

関連記事

この記事へのコメントはありません。